TOP未来のおかね > FP伝授! 共働きの家計管理のコツは「4つの口座」の活用

未来のおかね

FP伝授! 共働きの家計管理のコツは「4つの口座」の活用

夫婦共働きで収入はそこそこあるはずなのに、お金がなかなか貯まらない。水道光熱費や食費を節約したり、家計簿をつけたりしても、効果が上がらない……。そんなふうに感じている人はいませんか? 実は、共働きだからこそ陥りやすい落とし穴があります。共働きでお金を貯めていく仕組みを作る方法をご紹介しましょう。

共働き家庭、お金の管理はどうしてる?

共働き家庭のお金の管理の仕方にはいくつかのパターンがあります。

収入の多い方が生活費全般を負担するパターン
夫婦間で収入に大きな差がある場合、このパターンになりがちです。メリットは、お金の流れがわかりやすく、管理・運用がラクだということ。デメリットは、負担の大きい側から不満が出るかもしれないこと、収入の多いほうが少ないほうに管理を丸投げして、家計の共同管理者という当事者意識を持たず、家計に問題が起きたときに全面的に相手のせいにしてしまう可能性があることなどです。

費目別に支払いの担当を振り分けるパターン
たとえば、家賃やクルマのガソリン代は夫が、水道光熱費や雑費は妻が支払い、残りはそれぞれが自由に使ったり、貯蓄したりします。このパターンのメリットは、何よりもお互いの自由度が高く、独立性も保たれること。一方、デメリットは、新しい費目が発生する都度、話し合いを行わなければならないことや、費目によっては毎月金額が変動するため公平性が保たれないこと、費目を分担していない側が節約に協力しないこと、世帯全体の貯蓄額を把握しにくいことです。

夫婦ともに共同口座に一定額を振り込み、そこから生活費を支払うパターン
ともに一定額を振り込んだ共同口座から生活費を支払い、残ったお金をそれぞれのお小遣いにします。このパターンには、お互いの不公平感が少なくなるメリットがあります。デメリットは、各自の収入から支出するのが共同口座に振り込む分だけで、支出も貯蓄も本人の裁量に任されているため、とにかくお金が貯まりにくいことです。そしてやはり、世帯全体の貯蓄額は見えにくくなります。

共同口座に夫婦のすべての収入を振り込み、そこからすべての支払いを行うパターン
このパターンのメリットは、家計の管理や貯蓄の計画がしやすいことでしょう。デメリットは、同口座の管理をするのが夫婦のいずれかに偏ってしまったり、離婚や名義人の死亡時に面倒が起きやすかったりすることです。また、それぞれの出費がお互いに一目瞭然なので、それをストレスに感じる人もいるかもしれません。

ダブルインカムだからこそはまってしまう“貯まらない落とし穴”

「結婚して共働きになれば、二人の給料で収入がほぼ倍になるからたくさん貯金できるだろう」と多くの人は思うでしょう。しかし、共働きだからこそ、お金がなかなか貯まらないという落とし穴にはまりがちなのです。

なかなか貯まらない大きな原因のひとつは、貯蓄用の口座を設けていないことです。現在の貯蓄額が明確にわからないと「いくら貯める!」という目標も立てにくくなります。夫婦共働きの場合、夫、妻ともに、給与振込用の口座を持っているでしょう。それらの口座から支払いをしていたり、あるいは共有口座をつくっても支払い用と貯蓄用を分けていなかったりすれば、仮に1カ月間節約して貯蓄ができたところで、次の入金と合わせてその次の月の支払いに回してしまうため、結局貯まらない家計になってしまうのです。

基本生活費は、片働きのときと変わらずに、収入が増える分それぞれが自由に使えるお金が多くなります。自由に使えるお金も管理して貯蓄にまわすことができればよいのですが、各自の裁量に任せている限り、お金はなかなか貯まりません。さらに、お互いのライフスタイルや趣味を尊重する夫婦ほど、各自が使うお金が増え、貯まらないということになってしまいます。

お金を貯めたいなら、4つの口座を開設しよう!

家計管理というと「家計簿をしっかりつけて無駄な出費を抑える」というイメージを持つ方が多いかもしれませんが、仕事やプライベートに忙しい共働き家庭では、家計簿をつけるのも大変です。それに、家計簿をつけていても「家計簿をつける=記録しているだけ」で、家計見直しにあまり役立っていないケースも少なくありません。共働き家庭でお金を貯めるには、家計簿などで管理するよりも、強制的に家計を管理する仕組みをつくる方が向いているといえるでしょう。

その仕組みのひとつが、4種類の口座をつくることです。4種類の口座とは「生活費用口座」「余暇・予備費用口座」「貯蓄用口座」「投資用口座」です。「貯蓄用口座」と「投資用口座」は、夫婦それぞれが準備します。

■生活費用口座
住居費、食材料費、水道光熱費といった日常生活費の1カ月分を、毎月初めに入金します。食費や水道光熱費など、月によって支出額が変動する費目については月の平均額を予算としておき、余ったら余暇・予備費用口座に入金します。予算オーバーで足りなくなったら、余暇・予備費用口座から補填します。このとき、貯蓄口座には手をつけないのがポイントです。

■余暇・予備費用口座
外食や夫婦の趣味にかけるお金などの余暇費用と、友人の結婚祝いのように一時的に支出するものに備えた予備費を入金しておきます。生活費が多くかかったり、一時的な出費があったりする月は、余暇に使うお金を抑えることによって調整するのです。こうした調整を行わないと、貯まらない家計になってしまいます。

■貯蓄用口座
毎月の給料の振込みと同時に、貯蓄分は先取りで貯蓄用の口座に入金します。一度貯蓄用の口座に入金したお金は、目的以外の用途には使いません。目的以外の用途で使う場合には、必ず夫婦で話し合い、確認するようにしましょう。

■投資用口座
資金の効率的な運用に使う口座です。1年以内に使う予定のあるお金や急な出費に備えるためのお金は貯蓄口座に入れ、それ以外のお金は投資用の口座に移して運用します。もちろん、すべてを投資するわけではなく、定期預金なども活用します。出金のルールは貯蓄用口座と同様です。

口座分けによる家計管理のポイントは、毎月の予算を立て、特に生活費と余暇費用について、予算の範囲内で使うように意識づけすることです。使える分は預金残高から明らかなので、夫婦でお互いに意識しながらお金を使うようになります。共働き夫婦にありがちな「お金があるから、使ってしまう」という悪い習慣を断ち切りやすくなるはずです。

夫婦で協力して管理するのが、長く続けるコツ

給与振込口座から4種類の口座に振り込むのが大変だと考える人もいるでしょう。でも、自宅にいながらにして振込ができるインターネット取引や、決まった金額と振込先を登録することができるサービスを利用すれば、それほど手間はかかりません。むしろ、毎日家計簿をつけることに比べればすいぶんラクなはずです。

長く続けるコツは、夫婦でお互いに協力して家計を管理することです。どちらか一方の力だけでは、なかなかうまくいきません。お互いに「予算の範囲内に抑えないと……」という意識があると、長続きもして、さらに家計管理が上手にできるようになります。

「4つの口座」を利用して、上手に家計管理をしていきましょう!

監修:平野 泰嗣
(All About「ふたりで学ぶマネー術」ガイド)
ファイナンシャル・プランナー(CFP®、1級FP技能士)。FPオフィス「Life&Financial Clinic」代表。FPの妻と共に“夫婦FP”として顧客の自己実現をサポート。中小企業診断士として経営者・従業員のライフプラン支援も行っている。

募資'17-KR00-K024